「国民的美少女」グランプリに13歳井本彩花さん

 「第15回全日本国民的美少女コンテスト」(オスカープロモーション主催)が8月8日東京都内で行われ、京都府出身の中学2年の井本彩花さん(13)がグランプリに輝いた。

 







「国民的美少女」グランプリに13歳井本彩花さん

 
「第15回全日本国民的美少女コンテスト」でグランプリを授賞しトロフィーを持つ井本彩花さん(撮影・柴田隆二)

 オスカープロモーション主催のオーディション「第15回全日本国民的美少女コンテスト」が8日、都内で行われ、京都府出身の中学2年、井本彩花さん(13)がグランプリに輝いた。女優志望で、憧れは武井咲(23)。審査員特別賞など各賞8人も発表された。

 名前を呼ばれると、その場で手で顔を覆って涙したが、ステージ中央に立って上戸彩(31)からたすきをかけられると、カメラにむかって笑顔もみせた。身長162センチのスラリとした体形で、特技は小学1年から7年間続け、「自分をありのままに表現できることが魅力」と話すクラシックバレエ。受賞について井本さんは「こんな私がグランプリをとれると思わなかった。とてもびっくりしているし、うれしいです。本当にありがとうございます」と話した。

 周囲の友人からは「抜けてる」、「天然」などと言われるというが「自分ではどこが天然なのかまだわかってない」と話す。しかし、グランプリ受賞後の囲み取材では、取材陣から地元の京都弁をリクエストされ「私が本当に優勝できるとは思わなくて本当にうれしかったです。ありがとう」と全て標準語で話して笑わせ、この日の苦手な歌唱審査では「音程を外してもいいから、自分らしさを出して精いっぱい頑張りました」とZARDの「負けないで」を堂々と歌いきった。

 3年ぶりの開催となった今回は30周年の記念大会。グランプリの賞金も通常の200万円から300万円に増額され、映画・ドラマ出演、歌手デビュー、オスカープロ所属など従来の特典のほか、同社が製作する30周年記念映画の主演という特典も追加された。賞金の使い道については「本当に家族に感謝しているので、賞金は全部お母さんにあげます」と話した。

 この日の審査に臨んだファイナリスト21人は全員がオスカープロに所属し、1年間は演技レッスンなどに励んでいくという。取材陣から、同事務所の持つ25歳までの恋愛禁止ルールについて聞かれると「好きな人も気になっている人もいないので気にしていません。25歳までは恋愛しません」と早くも言い切った。

 グランプリのほか、審査員特別賞など6部門を8人が受賞した。同事務所関係者は「誰がグランプリをとってもおかしくないぐらい拮抗(きっこう)していた。日本女性の正統性の美を再認識するというコンセプトに従って選考した結果です」と選考理由を明かした。

 グランプリ以外の各賞は、審査員特別賞を宮城県出身の玉田志織さん(15)と千葉県出身の石井薫子さん(12)、マルチメディア賞を愛知県出身の竹内美南海さん(14)、演技部門賞を東京都出身の伊丹彩華さん(12)、グラビア賞を兵庫県出身の木下凛里乃さん(17)、モデル部門賞を滋賀県出身の谷口桃香さん(16)、音楽部門賞を埼玉県出身の藤田桜恵香さん(12)が受賞した。

15代目「国民的美少女」は13歳・井本彩花さん「武井咲さんのような女優に」
 米倉涼子や上戸彩、武井咲を輩出した「全日本国民的美少女コンテスト」の第15回大会の本選が8日に都内で実施され、井本彩花(いもとあやか)さんが、応募総数8万150通の中よりグランプリに選ばれた。30周年を飾る大会のグランプリに輝いた井本さんは、「武井咲さんのような女優さんになれるように、頑張りたいと思います」と今後の抱負を語った。

【関連】「第15回全日本国民的美少女コンテスト」フォトギャラリー


 「フラッシュを浴びて、本当に私がグランプリを取ったんだなって思いました」と胸中を明かした井本さんは、「本当に私がグランプリなのかな? って思うんですけど」と謙遜。それでも、「すごい嬉しいですし、本当によかった」と笑顔を見せ、賞金の300万円の使い道を聞かれると、「お母さんに全部あげます」と孝行娘な一面を見せた。

 数学が得意と明かしたものの、「運動神経が悪くて…泳げないんです」と恥ずかしそうに告白する。今後の目標を聞かれると、当日にゲストとして参加し、第11回大会で「モデル部門賞」と「マルチメディア賞」に輝いた武井咲に言及し、「武井咲さんのような女優さんになれるように、頑張りたいと思います」と力強く語った。

 当日は、審査員特別賞を玉田志織(たまだしおり)さんと石井薫子(いしいかおるこ)さんが、マルチメディア賞を竹内美南海(たけうちみなみ)さんが、グラビア賞を木下凜里乃(きのしたりりの)さんが、音楽部門賞を藤田桜恵香(ふじたさえか)さんが、演技部門賞を伊丹彩華(いたみあやか)さんが、モデル部門賞を谷口桃香(たにぐちももか)さんが獲得した。
 
 上戸が井本さんに記念品を渡したほか、ゲスト審査員として真矢ミキ、佐藤藍子、藤田ニコル、岡田結実が、ステージゲストとして武井、剛力彩芽、吉本実憂、高橋ひかるが参加。X21がゲストライブを行って会場を盛り上げた。
新・国民的美少女は13歳・井本彩花さん! 目指せ「黒革の手帖」次世代ヒロイン〈週刊朝日〉
「第15回全日本国民的美少女コンテスト」が8日、東京・グランドプリンスホテル新高輪で3年ぶりに開催された。

【国民的美少女コンテスト・各賞に輝いた美少女たちはこちら】

 

国民的美少女コンテストグランプリ 13歳井本さん 増額賞金は「お母さんに」

 
「第15回全日本国民的美少女コンテスト」でグランプリに輝いた井本彩花さん
 「第15回全日本国民的美少女コンテスト」が8日、都内で行われ、応募総数80150通の中から京都府出身、中学2年生の井本彩花さん(13)がグランプリに選ばれた。

 井本さんは「こんな私がグランプリをとれるとは思わなかったので、びっくりしたし、うれしい」と驚き。無数のカメラのフラッシュを浴び「フラッシュを浴びてグランプリとったんだなって思いました」と喜んだ。

 同コンテストは3年ぶりの開催で、87年の第1回から30年の節目の大会とあって、グランプリの特典もグレードアップ。賞金は前回までの200万円から300万円に増額。賞金の使い道を聞かれると「お母さんに」と親孝行な面も見せた。クラシックバレエが得意で将来は「武井咲さんみたいな女優になること」が目標。ステージ上で実際に武井と対面し、感想を聞かれると「すごいキレイだなって思って感動しました」と笑みを浮かべた。

 もし武井と共演するなら?「武井さんが先生で、私が生徒の役がいいです」と話した。女優としては「大人っぽい演技ができる、どの役を与えられてもできるような女優になりたい」と意気込んだ。

 同コンテストは応募総数80150通の中からファイナリスト21人が決定。本選では、ウォーキング、自己紹介、音楽歌唱、演技、質疑応答による審査が行われた。グランプリのほかに審査員特別賞は宮城県出身、高校1年生の玉田志織さん(15)、千葉県出身、中学1年生の石井薫子さん(12)、の2人、マルチメディア賞を愛知県出身、中学2年生の竹内美南海さん(みなみ・14)、グラビア賞を兵庫県出身、高校2年生の木下凜里乃さん(17)、音楽部門賞を埼玉県出身、小学6年生の藤田桜恵香さん(12)、演技部門賞を東京都出身、小学6年生の伊丹彩華さん(12)、モデル部門賞を滋賀県出身、高校2年生の谷口桃香さん(16)が受賞した。

広告









関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント