砂町銀座

 東京都江東区北砂にある砂町銀座には昭和の色影を色濃く残した下町の商店街がある。






 

都民が選ぶ「東京NO.1商店街」はここだ! 代表する商店街&近くに住みたい商店街、大発表


入学、就職、転勤と新しい環境での生活が始まる人も多いこの季節。新居探しのチェックポイントとして、日々の暮らしの中で重宝する"商店街"が近くにあるかどうかって、大事ですよね。そんな人に参考にしてほしいランキングが、オウチーノ総研から発表されました。

え?センター街って"商店街"だったの?  まず1つ目のランキングは、「東京都民が選ぶ東京を代表する商店街ランキング」。東京都在住で 20 歳~69 歳の男女1157人が答えています。

第1位に輝いたのは、JR山手線上野駅から御徒町駅にかけて連なる「アメヤ横丁」、通称"アメ横"です。観光客も多く、お正月用品の買い出しで混雑する様子は年末の風物詩としてテレビでも中継されていますし納得の結果です。投票した人の理由も、「有名だから」という声が最も多かったそうです。「戦後の闇市から今まで繁栄しているから」とアメ横の歴史の長さを挙げる人もいました。

続く第2位は「築地場外市場商店街」。「世界的に有名だから」という理由で選んだ人が最も多かったように、外国人観光客も足を運び賑わう様子は、こちらもテレビでお馴染みですね。2016年11月に場内市場が豊洲へ移転されますが、場外市場商店街は新施設「築地魚河岸」と共に残るので、これからも「築地ブランド」は強そうです。

第3位には、「戸越銀座商店街」が登場。日常使い度の高い商店街として、第3位にランクインした結果はお見事。こちらもワイドショーやドラマなどへの登場頻度が高く、商店街内に温泉があったり、お惣菜など庶民的なお店が多い点が評価されています。

商店街のイメージが薄いですが「渋谷センター街」が第4位、知名度抜群な「浅草仲見世商店街」が第5位に入りました。こうして見ると、やはりメディアに登場する機会の多い商店街が多いことがわかります。


もうひとつ発表されたのが、「近くに住んでみたい商店街ランキング」。東京都民が選んでいるだけあって参考になりそうです。

トップは、やはり?吉祥寺駅北口の「吉祥寺サンロード」。先日発表された「住みたい街ランキング」では長年守った首位を恵比寿に譲ったとの報道もありましたが、「吉祥寺サンロード」を推す声には、「住みやすそうだから」との声が多数。ちなみに、第6位には、サンロードから立川方面に伸びる「吉祥寺ダイヤ街」もランクインしており、吉祥寺人気の強さを感じます。

第2位は、「麻布十番商店街」。夏の納涼まつりで有名ですが、商店街の周辺の下町っぽさと、すぐそこが六本木という都会性の両方が共存した商店街です。「おしゃれだから」「セレブ感があるから」近くに住みたいと考えた人が多いようでした。

第3位には、「東京を代表する商店街ランキング」と同じく、「戸越銀座商店街」がランクイン。お店の充実ぶりを評価する人が多く、「いろいろな店があってスーパー要らず」との声も。知名度と実用性を兼ね備えて、商店街としての実力は間違いなしと言えるでしょう。

サブカルチャーの聖地「中野ブロードウェイ」は第4位。カルチャー色が強い印象がありますが、実は衣食住のどれもがリーズナブルに揃う実力派商店街なのです。「便利で楽しい」「多種多様な店がひしめきおもしろい」など実用性とエンタメ性が評価されています。

第5位の「神楽坂通り商店街」は、女性誌などに取り上げられることが多く、通好みのお店が多いことも人気の理由に思われます。

上位にランクインした商店街はどこも、衣食住バランスよく使うことのできる商店街が多いのが特徴です。商店街を往復するだけで、毎日便利にリーズナブルに暮らせるというのは理想的ですよね。

「東京を代表する商店街ランキング」&「近くに住んでみたい商店街ランキング」ベスト10「東京を代表する商店街ランキング」
1位 アメヤ横丁
2位 築地場外市場商店街
3位 戸越銀座商店街
4位 渋谷センター街
5位 浅草仲見世商店街
6位 吉祥寺サンロード
7位 武蔵小山商店街PALM
8位 中野ブロードウェイ
9位 巣鴨地蔵通り商店街
10位 秋葉原電気街

「近くに住んでみたい商店街ランキング」
1位 吉祥寺サンロード
2位 麻布十番商店街
3位 戸越銀座商店街
4位 中野ブロードウェイ
5位 神楽坂通り商店街
6位 吉祥寺ダイヤ街
7位 築地場外市場商店街
8位 武蔵小山商店街PALM
9位 アメヤ横丁
10位 砂町銀座商店街

関連記事
シャンプーしない人たち急増中! 福山雅治も実践する「ノー・プー」で白髪、抜け毛が解消できる?
ニッポン意外に低かった! 世界のヒールの高さランキング
「ホワイトデー」放置するととんでもないことに! 男子諸君、せめてアレだけは贈っておきましょう...。
王者「吉祥寺」ついに陥落 住みたい街1位に輝いた「恵比寿」の素顔に迫る
男女でこれだけの差!カレが「女子力」を感じるのは○○だった

 
商店街の日常、外国人は興味津々 日本海側にも魅力
 2020年東京五輪・パラリンピックに向けてインバウンド(訪日外国人)の需要拡大に沸く日本。そうしたなか14年に創業した旅行会社、ノットワールド(東京・中央)は個人・少人数グループの訪日外国人に通訳案内士付きツアーを提供して急成長している。外国人を喜ばせる、きめ細かなもてなしが強みだ。現場を知り尽くした佐々木文人社長(34)の話からは、インバウンドの勢いをオリパラ後「post2020」につなげるためのヒントが見えてくる。(聞き手は公認会計士・心理カウンセラー 藤田耕司)

 ――まずノットワールドが手がけている事業について説明してください。
 「訪日外国人を対象に日本国内のツアーを手配し、それに通訳案内士が同行する旅行事業を手掛けています。『価格で勝負する団体向けサービス』ではなく『質で勝負する小グループ・個人向けサービス』に重点を置いています。半日や1日のツアーが多いですが、7泊8日、10泊11日などやや長い旅行も増えています。世界最大の旅行の口コミサイト『トリップアドバイザー』で合計約660件の口コミを獲得し、そのうちの約95%が「エクセレント(優秀)」という評価を得ました。お客さんは15年度の1698人から16年度には4013人に急増。売上高も15年度が2885万円、16年度が6659万円で、17年度は1億円を超える見通しです」

【高コスパ】激安天国「砂町銀座商店街」は1000円持っていけば豪遊できるぞォ!

 
【高コスパ】激安天国「砂町銀座商店街」は1000円持っていけば豪遊できるぞォ!

地元ならではの楽しさや人情が漂う商店街。近年はシャッター通りとなった場所も増えてはきたが、まだまだ活気に溢れた商店街はたくさんある。

東京都江東区にある「砂町銀座商店街」もその一つ。何を隠そう、ここには安くて美味しいグルメが数多くあり、お財布にやさしい金額で腹いっぱい、胸いっぱいの幸せ気分を味わえるのだ。実際に1000円を持って検証しに行ったところ、ハンパないほど食べ物を買うことが出来た! 豪遊、バンザーイ!!

・空腹を刺激する

砂町銀座は都営新宿線「西大島駅」から徒歩20分ほどの場所にあり、決して交通アクセスが良いとは言えない。だが、午前中から多くの買い物客で賑わっていて、地元民から「安くて新鮮」と評判の魚屋には長蛇の列まで出来ていた。

商店街は全長610m、約80店舗が軒を連ねていて惣菜屋がとても多い。揚げ物や焼鳥など、歩いていると美味しそうな匂いがプ~ンと漂ってきて、空っぽなお腹を刺激してくる。はたして1000円でどのくらい食べられるのだろうか?

・さっそく購入

まず一軒目は、テレビのグルメ番組にも登場した『ミート & デリカ アンデス』。精肉や加工食品を扱うこのお店には揚げ立てフライなども販売されていて、空腹時はとても素通りなんて出来ない……。とりあえずお腹いっぱいになりそうな「アジフライ(100円)」と「カニクリームコロッケ(70円)」、そして「野菜コロッケ(70円)」を買い、残金760円となった。

次に目が止まったのは、アンデスのすぐ隣にある天ぷら『花家』。優しそうな男性店員が店番する、この店の天ぷらも全体的に安いには安い。だが、1000円という制限がある以上、よりコスパが良い物をゲットしなければならない。ということで、安くてボリュームがありそうな「いも天(80円)」と「玉葱のかき揚げ(80円)」を購入した。

・約1000円でこのコスパ!

その後も「茄子の天ぷら」3本100円! 「エビボール」10個100円!! など、ぶったまげる惣菜をゲットして残金は48円となった。改めて購入した物を見てみると……、なんか軽いパーティが出来そうォォオオ! これで952円!? 10品買って1000円以下だと! マジかよ、ビックリ仰天したでござるよ、マ・ジ・で!!

編集部に帰って、さっそく盛りつけ。見てみよ、このボリューム! アジフライや茄子の天ぷらなどサイズがやや大き目の惣菜が多く、皿からはみ出てしまった。以下が約1000円でゲットした商品である。

・アジフライ(100円)
・カニクリームコロッケ(70円)
・野菜コロッケ(70円)
・いも天(80円)
・玉葱のかき揚げ(80円)
・茄子の天ぷら(3本108円)
・エビボール(10個108円)
・魚ボール(10個108円)
・イカチリソース(100g120円)
・おにぎり(108円)

個人的なことを言えば、揚げ物類ばかりとなってしまい、もう少しバランスを考えれば良かった……、とちょっぴり後悔したが、ガッツリ食べたい時にはたまらないメニューとなったはずだ。

また今回、初めて砂町銀座を訪れて感じたのは、どの店のスタッフさんもとても親切ということ。私のような初めての顔にも気軽に話しかけてくれるし、おススメの商品も教えてくれた。このちょっとした触れ合いが、商店街ならではの醍醐味だろう。

結果的に、砂町銀座商店街では1000円で軽いパーティが出来そうなほどの惣菜などを購入できた。まさに激安天国! 1000円あれば誰でもセレブ気分だぞ!! もしもこの街に引っ越したら、毎晩パーリーピーポーになるわ。なお、砂町銀座では定期的にイベントや行事も開催しているからホームページをチェックしよう。

参考リンク:砂町銀座商店街 公式ホームページ
Report:りょう
Photo:RocketNews24.

画像をもっと見る

 



広告







Sunamachi ginza shopping street koto tokyo 2009.JPG
By User:Kentin - 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, Link

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント